ブログトップ

宇宙戦艦ヤマト前史

yamato2199.exblog.jp

宇宙戦艦ヤマト登場前の地球防衛軍の苦闘を描きます。

13.木星会戦(回天編)

 「どうした!ガミラス艦隊の総攻撃があったそうだが!」シェーア大将は旗艦「フレードリッヒ・デア・グロッセ」の
艦橋からプラントにある総合防衛司令部を呼び出した。

「はい、地球標準時15:07に南半球連合の艦隊が攻撃され、全滅しました。 その後、敵艦隊は再度ワープ、
行方を絶っております。」

「アジア連合の艦隊は無事か?」

「はい、今のところ、アジア艦隊も本艦隊も全く、攻撃を受けておりません。」

<フーム、ガミラスめ、何を考えている・・・。>シェーアはガミラスの司令官の心が読めなかった。

地球の常識でいえば真っ先に攻撃されるのは最も手薄なアジア艦隊のはずである。

だからこそ、シェーアはアジア連合のプラントと艦隊は強力な二つの艦隊で挟む形の布陣を敷いたのだ。

<読まれているのか・・・。 だとすれば、次に攻撃されるのはアジア艦隊ではなく、我が艦隊だ。>

シェーアはガミラスが弱い所から突き崩す戦法ではなく、自らの戦力が強大な内に手強そうな敵を片付ける
作戦だと読んだのだ。

<滅敵戦法・・・か、情け容赦ない奴等だ。> 敵の戦力を挫いて引かせる屈敵戦法ではなく、敵を一艦、一兵に
到るまで全滅させる滅敵戦法は後顧の憂いを絶つと言う意味でガミラスらしい戦法であった。

「南半球連合の艦隊が全滅した時の模様はデータがあるか?」シェーアは総合司令本部に問い合わせ、
データを至急、送らせた。

**********************************************

そのころ、レッチェンスは艦隊の建て直しに必死だった。

緒戦で2隻もの駆逐型デストロイヤーを失ったのだ。

ガンツ少佐の遊撃隊の駆逐型デストロイヤー2隻を引き抜き、本隊に組み入れざるを得なかった。

<あの指揮官め、経験は浅いが、度胸は満点だったわい!>レッチェンスは敵の司令官の力に瞑目した。

南半球艦隊はヤークト艦単独の攻撃時には戦艦のフェーザー砲塔を互い違いに左右に向けて一撃離脱
(ヒット・エンド・ラン)戦法に対応して見せた。

しかし、この態勢は両舷を満遍なくカバー出来るが自艦隊の砲力が半減したのと同じ結果となる。

レッチェンスもヤークト艦の攻撃時に南半球艦隊がとったこの戦法に指揮官が優秀ではあるが経験の少ない
提督であると看破、配下の駆逐型デストロイヤー、全艦を敵艦隊の木星よりの空間に小ワープさせ、砲力を
半減させた敵艦隊を圧倒的な砲力で沈黙させる作戦にでた。

しかし、小ワープして敵艦隊の右舷に出てみると敵艦隊は単縦陣でこちらに横腹を見せているのではなく、
横陣で艦首をこちらに見せており、ガミラス艦隊がワープ・アウトすると同時に突撃を掛けてきた。

ガミラス艦に艦首を向けている地球戦艦の目標としての面積は非常に小さく、反対にガミラス艦は横腹を
晒しているので目標としての面積は非常におおきくなっていた。

幸い、ガミラス艦は地球戦艦より重防御だったので地球戦艦が至近距離に接近するまで装甲を打ち抜かれる
事はなかったがそれでもガミラス艦隊の後部では地球戦艦によりガミラス艦隊は戦列を分断され、噴射口の
中にビームを打ち込まれた駆逐型デストロイヤーが2隻、爆沈してしまっていた。

これも英国伝統のネルソン・タッチ型戦術であるが駆逐宇宙艦と違って目標が大きく、動きが鈍い戦艦では
今一つの効果に欠け、強力な装甲を誇るガミラス艦隊に甚大な被害を与えるまでには到らなかった。

別動隊のガンツ少佐から連絡があった。

「司令、ヒッペルト中佐の威力偵察を退けた右翼の艦隊は見るからに手強そうです。 
ここは予定を変えて手薄な中央の艦隊を殲滅してはいかがでしょう。」

「わしが中央の艦隊を始末できたら直ぐに予定の行動に入るつもりだろう? ガンツ!」

心を見透かされたガンツはバツの悪そうな顔をした。

「慌てるな。もし万が一、右翼の艦隊がわしの艦隊を退けてもガンツ、お前の艦隊を相手に出来る戦力は
残さない!安心しろ!」レッチェンスは言い切った。

しかし、勇者は勇者を知る、の言葉どおり、欧州艦隊を率いるシェーア大将が腕利きである事を彼は
感じとっていた。

**********************************************

シェーア大将は相手の出方を見てから行動するタイプの指揮官ではなく、全軍を率いて戦運を自らの方に
引き寄せるタイプの指揮官だった。

しかし、今はプラントの防衛という相手の行動に自らの行動を合わせざるを得ない立場にあった。

とはいえ、彼は自艦隊をプラントの前を遊弋させるなどという中途半端な態勢は採らなかった。

どのみち動けないなら敵にも行動の自由を失ってもらおう。

彼は自艦隊をプラントの脇、ギリギリの位置に専位させた。

ガミラス艦隊が欧州艦隊より木星よりの空間にワープしようとしてもその位置にはプラントがある、ワープを
強行すればガミラス艦隊はプラントを構成している建築材料と物質重複を起こして吹き飛んでしまう。

否がおうでも、欧州艦隊の外側にワープせざるを得ないのだ。

艦隊は単縦陣を2群に別けてプラント前に外側に口を開いた「ハの字型」にしていた。

この悪魔の口にガミラス艦隊を宙雷戦隊の攻撃で誘導しようというのがシェーア提督の作戦だった。

「ガミラス艦隊出現!方位12時、距離10万、戦艦10 駆逐艦20」早期警戒艦から報告が入った。

ガミラス艦隊は超遠距離にも係わらず、フェーザー砲の一斉射撃を掛けてきた。

ガミラス艦のフェーザーは地球のそれよりも射程が長いとはいえ、この距離では戦艦の分厚い装甲は
破れなかった。

<ガミラスめ、何を考えている?>シェーアはレッチェンスの意図を図りきれなかった。

通常、軍艦のカタログ性能を比較する場合、主砲の射程が長い艦は短い艦より強いと判定される事が多いが、
最大射程はその距離まで弾を届かせる事が出来るというだけで命中率まで保障されているわけではない。

しかも実体弾ではなくエネルギー・ビームであるから距離の2乗に比例して威力は減ってしまう。

だから実戦では有能な艦長ほど砲戦距離を安全な範囲で出来るだけ詰め様とする。

<誘いか? だったら動くまい!>シェーアは断固として現状維持を命じた。

ガミラス艦隊のフェーザー・ビームは地球艦隊の直後にあるプラントに被害を与え始めていた。

また、ガミラス艦隊を罠の口に追い込む為に待機させていた宙雷戦隊にも被害を与えていた。

<ここが耐え時だ・・・。>シェーア大将がそう思った瞬間、彼の思考は真っ黒になった。

「司令!しっかりして下さい!司令! 軍医を呼べ!」参謀長がシェーアの体を支えながら叫んだ。

しかし、シェーアの体はそのまま旗艦の艦橋内で仰向けに浮遊し、軍医が駆けつけた頃には死亡していた。

脳溢血だった。
e0266858_1162657.jpg

**********************************************

「なんて事だ!シェーア提督が戦病死しただと! 欧州艦隊の次席の司令、カニンガム中将は・・・。」
戦艦「栄光」の寺内大佐が怒鳴るのを沖田提督が制した。

「嘆いても始まらん! 欧州艦隊は全滅したのだ! だが彼等はやるべき事はやってくれた。」沖田は
まなじりを決した。

「ガミラス艦隊出現!1時方向!距離5万! 戦艦4隻、単縦陣で接近、こちらの頭を抑えるつもりです。」
探査主任が報告する。

「オキタ・フォーメーション発動しますか!」山南艦長が沖田に問う。

「まだだ・・・。 それにその呼び名はやめてくれ。恥ずかしい。」沖田は打ち消す様に言った。

「敵の有効射程内、ギリギリまで引き寄せるんだ。そのかわり、無理はしないでよいぞ。」

ガミラス艦隊はアジア艦隊の戦艦が日本艦隊の「英雄」、「栄光」の2隻しかいないのは地球陣営の罠で
手薄な中央のアジア艦隊の防備を破ろうとすると、両翼の強力な南半球連合と欧州連合が押し寄せてくる
作戦だと読んでいた。

だからレッチェンスは両翼をそれぞれ別個に切り崩し、その後アジア連合の艦隊を排除して地球の
木星プラントを裸にするつもりだった。

ガミラス艦隊が先にフェーザー砲を発砲した。

地球艦隊も応射する、しかし、まだこの距離では地球艦隊のフェーザーはガミラス艦に弾かれてしまった。

ガミラス艦はそれに力を得て更に接近、必中の距離まで近づこうとした。

その時である、戦艦の陰に隠れていた突撃駆逐宇宙艦で編成された宙雷戦隊が2個、ガミラス艦隊に
襲いかかった。

艦隊型駆逐宇宙艦とは違って艦艇形の運用ではなく、航空機形の運用を前提とする突撃型駆逐宇宙艦は
突撃時の陣形は単縦陣ではなく、横に拡がった鶴翼型であった。

宙雷戦隊の指揮官、管野大尉は先陣を切ってガミラス艦隊に迫ると特殊ミサイルを放った。

配下の駆逐宇宙艦も負けじとミサイルを放つ、1隻の駆逐宇宙艦にはミサイル発射管が3基しか
搭載されていなかったが、突撃型駆逐宇宙艦は艦隊型の駆逐艦の様なセル方式ではなく、次発装填装置が
ついていたので連射が出来た。

すなわち、ガミラス艦隊が迎撃しきれないほどの多量なミサイルが投与されたのだ。

そしてこのミサイルは反物性ミサイルでは無かった。

もちろん核兵器でも反物質弾頭でもなかった。

このミサイルはガミラス艦のフェーザー・ビームを浴びて爆発すると液体をほとばしらせた。

しかもかなり粘性の強い液体である。

この液体はミサイルとして飛翔してきた時の慣性をまだ持っており、ガミラス艦のフェーザー砲塔周りに張り付いた。

フェーザー・ビームを潜り抜けたミサイルもガミラス艦の砲塔付近に粘性物質を撒き散らした。

レッチェンスは多数のミサイルを被弾した自艦や配下の駆逐型デストロイヤーに爆発も爆縮も起こらないのを
不審に思ったが、距離をつめて来ていた日本艦隊の戦艦2隻に対処する必要に迫られていた。

日本艦隊が再びフェーザー・ビームを放ったが、まだ距離が遠く駆逐型デストロイヤーの装甲を破るには到らなかった。

「こちらは既に必中の距離に入っている・・・。」レッチェンスは不敵な微笑を浮かべた。
 
「あの戦艦隊を葬れ!」彼の命令一下、ガミラス艦はフェーザー砲を放ったがそのビームは日本戦艦隊を
大きくかすめて宙に消えた。

「どうした! ちゃんと照準しろ!」レッチェンスは有り得ない部下の不手際に驚いた。

「照準はきちんと出来ています! 何故か砲塔が思う様に廻らないのです。」射撃手が信じられないという顔をした。

先に地球の突撃駆逐宇宙艦がガミラス艦に浴びせかけたのは強力な粘着物質だった。

ガミラス艦の砲塔と甲板の間に入り込み砲塔の旋回を邪魔していた。

旋回を完全に止める事はなかったが、微妙な旋回の微調整などとても出来る状態ではなかった。

しかし、幾多の戦乱を潜り抜けてきたガミラス軍はこのような事態に対する訓練も兵士に課していた。

艦艇がダメージを受けて砲の使用は可能だが砲塔の旋回が出来なくなった場合、砲塔側の照準は固定し、
艦艇の躁艦で照準をつける高度な技だ。

敵艦隊は自艦のフェーザー砲の有効射程まで接近するためにこの様な小細工を弄して来たにちがいない。

<ガミラスはこんな小細工には負けんぞ!>レッチェンスは更に闘志を燃やした。

しかし、沖田は一度は接近したがその後は何故か大きく距離をとって近づいてこなかった。

<何故だ? こちらは圧倒的に不利な状態だ。 何故攻撃してこない?>レッチェンスの疑問は直ぐに晴れた。

「大変です! 船外温度が急激に上昇しています。 現在3000度C! まだまだ上がります。」

ガミラス艦はどれも粘着物質にまみれて砲戦が出来ない状態だったが、日本艦隊は一度接近した時に
その粘着物質にフェーザー・ビームを照射し、発火させたのだ。

粘着物質は適度な酸素を含み、比較的ゆっくりではあるが高温を出して燃焼していた。

「ワープして脱出しろ!」危険を感じたレッチェンスは戦闘宙域からの脱出を図ろうとした。

「駄目です! 高温のため機関の制御がもはや利きません。」

機関部分に粘着物質をより多く被っていた2番艦の機関が高温に耐えられず爆発した。

「別働隊へ攻撃命令を! それも大至急だ。」

レッチェンスはスクリーン上の運命の定まった己の艦隊を見詰め、自分のコンソールをいとおしげに撫でた。

<今まで良く働いてくれたな、有難う。 デーニア・・・。>

デーニア・・・それは20年前に失った彼の妻の名だった。

**********************************************

レッチェンスからの攻撃命令を受け取ったガンツは予定通り、木星の大気圏の最上層の直ぐ上にワープ・アウトした。

地球のプラントは木星大気圏の最上層に浮かんでいる様なものだ。

それを複数の宙雷戦隊が守っている・・・、遠距離から接近するとその宙雷戦隊に迎撃される恐れがあった。

だから、ガンツは事前の研究でプラントに出来るだけ接近してワープ・アウトする事が攻撃成功の鍵を
握っていると考えていた。

「ワープ・アウトします!」航宙士がガンツに報告した。

ガンツの乗った駆逐型デストロイヤーは無事、地球プラント直近にワープする事に成功したが、艦隊の後尾に
位置していた2隻は木星大気と物質重複を起こして大破してしまった。

大気の濃い部分だったら大爆発が起こって他のガミラス艦もただでは済まなかったろう、しかし、物質重複を
起こした大気分子は微量だったため、その艦だけに被害は極限された。

とはいえ、被害は甚大でその2隻はもはや航行する事が出来ず、木星の重力に引かれ、その艦体をメタンの海深く沈めていった。

ガンツはその艦に敬礼を送ると直ぐに地球プラントの攻撃、破壊を命じた。

あまりにもガミラス艦隊はプラントに接近しすぎていたため、地球側のプラント防衛を担っていた宙雷戦隊は
攻撃をしかける事が出来なかった。

もともと戦闘を想定していなかったエネルギー・プラントは攻撃に脆く、たちまち瓦解して木星大気の底に沈んでいった。

収まらないのは防衛部隊であった。

ガミラスの奇襲部隊に対して一矢報いようと無謀な突撃をかける宙雷戦隊が一つ、二つあったが、生き残った
司令官、沖田少将や李中将は復讐にはやる宙雷戦隊や戦艦部隊をなだめすかし、地球帰還の途につかせた。

例え、木星プラントが失われようとガミラスに決して膝を屈しない決意が地球側にはあったのだ。

**********************************************

破壊されたプラントはプラントを維持する最小限の人員が残されていた。

そしてプラントが破壊された時、彼等は脱出船になる区画に避難しており、プラント破壊と同時にプラントから
切り離されて宇宙を漂っていた。

リットリオ技術大佐は部下達に睡眠ポッド入りを命令した。

助けが来るまで酸素の消費量を最小限にし、代謝も抑えて長時間の待機に備えるためだった。

しかし、時間が経てばたつほど救出の見込みが薄れるのは皆、判っていた。

「諸君! 再び、ここで合おう!」

リットリオは最後の別れになるかもしれない今、指揮官としては落第だと思いながらも部下達に感謝の敬礼を
捧げずにはおれなかった。

コーン、コーン、エア・ロックの方で何か戸を叩く様な音がした。

船外監視カメラを使ってエア・ロックのドアの前を見てみると地球軍の宇宙服姿が2人見えた。

他のカメラを使って船外全周を写してみると地球艦隊の巡航艦が来ていた。

低出力のレーザー通信が入った。

「こちら欧州艦隊所属、重巡『シャルンホルスト』、救援に来ました。 こちらに移乗して下さい。」

「ありがたい! 欧州プラント維持要員、リットリオ技術大佐以下6名、移乗します。」リットリオは申告すると
すぐ、部下に移乗を始めさせた。

他のプラント、アジア連合には日本艦隊の早期警戒艦「たかお」が米国プラントには戦艦「英雄」、「栄光」が
ソ連プラントには重巡「グナイゼナウ」が南半球連合のプラントには早期警戒艦「シドニー」がそれぞれ救援に
向かっていた。

ガミラス艦隊は地球プラントを壊滅させると長居は無用とばかりにワープして撤退していった。

しかし意気揚々と冥王星前線基地に帰還したガンツは尊敬していたレッチェンス司令の戦死を知り、体中から
力が抜けるようだった。

あの時、レッチェンス司令が攻撃司令を「大至急」実施しろと言ったのは自分が地球艦隊を引き付けておける
のはもはやこれまでという事だったのだ。
e0266858_202863.jpg

<有難うございました。 司令・・・>ガンツの脳裏には艦体後部を真っ赤に塗ったレッチェンスの旗艦の
後姿が焼きついていた。

地球陣営は木星の資源・エネルギー・プラントを失い、その勢力は大きく後退する事になった。

                                                   ヤマト発進まで 1481日
[PR]
by YAMATOSS992 | 2012-05-08 21:00 | 本文 | Comments(0)