ブログトップ

宇宙戦艦ヤマト前史

yamato2199.exblog.jp

宇宙戦艦ヤマト登場前の地球防衛軍の苦闘を描きます。

別項 (1) ヤマト2199の登場艦艇考察 ガミラス艦隊編

 2199に登場するガミラス側の艦艇はいままでのどんなアニメ作品より良く考えられている。

それは単純な戦艦、巡洋艦、駆逐艦という大雑把な分類ではない。

ガイデロール級航宙戦艦 全長 350m 二等航宙戦艦 
                 33cm 3連双陽電子ビーム砲塔 3基、(主砲)
                 28cm 2連双陽電子ビーム砲塔 2基X2 (副砲)
                 ミサイル発射管 33基(前方向29基、後方4基)
e0266858_20483028.jpg


デストリア級航宙重巡洋艦 全長 270m 二等航宙装甲艦 
                  33cm 3連双陽電子ビーム砲塔 4基、(主砲)
                  28cm 3連双陽電子ビーム砲 2基(副砲?)
                  ミサイル発射管(艦首下面) 4基
                  標準戦闘艦として用いられる。
e0266858_20491444.jpg


ケルカピア級航宙高速巡洋艦 全長 240m 二等航宙装甲艦 
                    33cm 3連双陽電子ビーム砲塔 3基(主砲)
                    ミサイル発射管(艦首) 10基                     
                    通商破壊活動目的に用いられる軽巡洋艦。
e0266858_2050697.jpg


クリピテラ級航宙駆逐艦 全長 160m 二等航宙装甲艦 
                28cm 2連双陽電子ビーム砲塔1基(主砲)
                13.3cm 2連双陽電子速射砲塔 1基(後部甲板)
                ミサイル発射管(艦首) 4基
                4連双ミサイル・ランチャー 2基(艦橋後方)
e0266858_20523559.jpg


注目すべきはガイデロール級航宙戦艦からケルカピア級航宙高速巡洋艦まで主な艦種の主砲が
33cm3連双陽電子ビーム砲塔に統一されている事だ。

これは明らかに量産性の考慮だが、その搭載数や搭載方法に艦種の違いが表れているのも興味深い。

いっその事クリピテラ級航宙駆逐艦も33cm3連双陽電子ビーム砲塔1基にすれば統一が取れたのだが、
それでは戦艦の副砲のサイズの根拠がなくなる・・・と考えたのであろうか?

しかし、ガイデロール級航宙戦艦とデストリア航宙重巡洋艦との主砲数を比較すると、ランクが下なのにも
係わらず、デストリア級の方が砲塔数で1基多い。

但し、副砲数はガイデロール級の方が多く、ミサイル発射管にいたってはガイデロール級はデストリア級の
約8倍の門数を持っている。
(このあたり、地球流に言えば、ガイデロール級はド級戦艦ではなく、準ド級戦艦になってしまっている。)

また、正確に測定する術はないが多分、どの艦種も搭載ミサイルのサイズは統一されているものと思われる。

このあたりまでキチンと設計された艦艇群は今まで無かったと私は思う。

ただ、残念なのはガイデロール級の副砲塔の装備方法である。

旧作のシュルツ艦の設定を引き摺ったためか、非常に死角の多い装備位置になってしまっている。

また、他の艦艇も下面砲塔はこのままでは死角が多すぎる、舷側方向射撃時には支筒が伸びて砲塔が
側面の巨大なヒレの外を指向出来る様にでもなるのだろうか?

ただ、過去にあった艦艇でも「えっ!これで戦えるの?」と言いたくなる艦もあったのでいちがいに否定は
出来ないが、それでもこれだけ他の設定がキチンとしているとオシーイッと言いたくなるのもしかたがない。

まぁ、後はどこまでこの設定を本編が生かせるかにかかっていると言う事でしょうか?

追記

1)過去にあった艦艇で 「えっ!これで戦えるの?」 と言いたくなる艦の例

 カイオ・デュリオ級揚陸戦艦(?) (イタリア 1876年~1909年)
e0266858_722513.jpg

e0266858_724225.jpg

e0266858_72572.jpg

e0266858_7225935.jpg

e0266858_793018.jpg

舷側装甲は550mmもあったが、装備範囲は極めて限定されており、実戦では効果を発揮できたか、
疑問であった。

また、砲の発射間隔も15分に1発と極めて遅く、実質戦力としての価値は低かった。

これでもとりあえずの要求には間に合ったのだ。



2) 砲の口径設定からガミラスの長さの単位がある程度、分析できる。(ガミラスも十進法を使っている。)

33cm(陽電子砲) → 25ガミラス・インチ(33.25cm)

28cm(陽電子砲) → 21ガミラス・インチ(27.90cm)

133mm(陽電子砲) → 10ガミラス・インチ(13.3cm)

1 ガミラス・インチ → 1.33cm

と、いう関係があるのに気が付きました。 設定者の方はここまで考えているんですね。
[PR]
by YAMATOSS992 | 2012-07-07 21:00 | 考察 | Comments(7)
Commented by 大ガミラスの栄光 at 2013-09-11 20:02 x
ガイデロールの純粋な砲戦能力ってデストリアに劣るんでるね…
哀れ
そういえばガ軍艦艇さんたちは地上砲撃とかするんでしょうかね、一応ガイデロールには垂直方向に向けられる28cm砲が二門ありますけど
Commented by YAMATOSS992 at 2013-09-11 21:03
 実はこの記事を書いた時点でガミラス艦艇に対する考察が不足しており、
大きな間違いを犯してしまいました。
私はもともとメカマニアで特に軍艦関係を中心に研究して来ました。
その為、ガミラス艦艇の研究も砲頓装備中心で考えてきましたが、
記事No.58~77にかけて行った航空宇宙兵力の分析と考察の結果、ガミラス艦艇の主兵装はミサイル(魚雷)である事が判りました。
そうするとガイデロールは戦艦と言うより、無人機を運用する宙母と
考える事が出来、通常艦では最大級の巨躯を持つ立派な主力艦です。
デストリアは砲頓兵装に特化した艦で艦隊戦では別の役目があります。
このあたりの事は記事No.63~66に渡って考察していますので
ご参考までに。

Commented by 実はボラー連邦が好き at 2014-03-04 01:18 x
はじめまして、考察として追記で紹介している艦ですが当時の海戦の常識から申しますと、同航戦や反航戦での短い時間に高い打撃力を求められたので側舷打撃力だけでも問題なかった(イタリア軍はそう考えてた)のです。 そもそも本級の設計時には水雷艇も居なければ駆逐艦のような小型の高速戦闘艇は無く魚雷による攻撃も限定な時代であり主砲による全方位の砲撃の恩恵もほとんどありませんし、砲の照準自体も各砲ごとに行っていた時代ですので命中精度も低い遠距離砲撃は海戦ではほとんど例の無い時代だと思っていただければ現代の私たちから見ればアレすぎる砲配置でも問題は無かったのでしょう。

軍艦がお好きなそうですのでご存知かと思いますが、砲の中央配置自体はイギリス・イタリアが一時期熱心に研究・造船しますがその後の砲自体の性能向上や新たなる脅威(高速小型艦)の登場により早い段階に消滅しています、ガミラス艦艇もそのような兵器運用な意味合いでの技術的転換期や宇宙での艦隊戦ドクトリンその物を転換しなければならない事態(ガトランティス軍との交戦?)があったため新造艦とは毛色の違うガイデロール級のような艦艇が混じっていると考えると妄想が広がって楽しいですね。
Commented by YAMATOSS992 at 2014-03-04 09:41
実はボラー連邦が好きさん、考察に対するコメント有難うございました。カイオ・デュリオ級揚陸戦艦(?)(イタリア 1876年~1909年)についての追加考察、確かに少し時代は下がりますが、レジナ・エレナ級など主砲数を抑えても中間砲を増やし片舷砲力を高めています。
イタリア海軍の方針が短時間・弾量の重視と言うお話は初めて聞きましたが、わざわざ主砲の搭載量を減らしても単位時間当たりの弾量の増加と速力の向上を狙った艦を作ったのは事実なので説得力のある説です。
また、上記したカイオ・デュリオ級揚陸戦艦も後に改装して主砲を26cmの速射砲に交換して単位時間当たりの弾量の増加と速力の向上を狙っています。 この当たりもこの説の説得性を増す要因になると
思います。
                                    (下記に続く)
Commented by YAMATOSS992 at 2014-03-04 11:06
>砲の中央配置自体はイギリス・イタリアが一時期熱心に研究・造船しますがその後の砲自体の性能向上や新たなる脅威(高速小型艦)の登場により早い段階に消滅しています。

これに対しては私と貴方では大きく見解が違うようです。
貴方は早い段階で消滅したと考えておられますが、事実は第二大戦が終了し、戦艦の不要性が明らかになるまでこの主砲塔中心線配置に各国とも拘りました。
水雷艇防御用の副砲は全周配置が主流でしたがそれでも集中防御方式の普及と共に砲塔化されていきました。

ですがこの時点で各国の造艦方針は時代遅れになっていた事に誰も気付きませんでした。
航空機という空飛ぶ高速水雷艇の存在を軽視したのです。
そして、時代はこの時点でもう既に大艦巨砲主義は終わりを告げ、艦隊戦は相手の姿を見る事もない
機動部隊同士の戦いに移行していったのです。
Commented by 実はボラー連邦が好き at 2014-03-05 22:56 x
YAMATOSS992様の仰る通りですね、砲配置の表現というか説明が悪かったですね中央梯形配置を“砲の中央配置自体”と表現したので、砲の中央線配置は現代にいたるまでどこの海軍にも受け継がれていますね、私が言いたかったのは中央梯形配置が早い段階で主力艦艇から消滅したという事です(河岸砲艦や外洋砲艦を主力艦とするかは微妙ですし)、言葉足らずですみません。

イタリア海軍の方針が短時間・弾量の重視についてはソースとなる本をどこへしまった解らず、参考程度に思っていただければ・・・当時のフランス海軍の海軍ドクトリンに関する書籍に比較としてイタリア海軍の当時における思考として書かれていたと記憶している程度なのであてにはならないかも知れません。 純粋に技術提供先のイギリスに前を習えをしただけとも言われてますし。

1800年代から1900年代初頭の前装填砲を主砲とする主力艦艇はカンブリア爆発を連想させるユニークで発想の面白い艦艇が多く考察したり当時の資料を読むのが楽しくてつい余分なコメントを書き込んでしまいました。
Commented by YAMATOSS992 at 2014-03-06 08:00
実はボラー連邦が好きさん、丁寧な御返事、有難うございました。
砲塔群の中央梯形配置と言う言葉を聞いただけで貴方の知識の豊富さとそこから引き出される考察の深さに感心しました。
また、第一次大戦前のイタリア海軍がイギリス海軍の実験台にされていた事もご存知の様ですね。
(これは日露戦争時の日英海軍の関係も同じですが。)
そして話題になったカイオ・デュリオ級戦艦の主砲が前装填砲だと言う事をご存知なのには感銘を受けました。
私は今ヤマト2199に関する考察や小説を発表していますが本当は一番好きなのは防護巡洋艦や装甲巡洋艦なのです。