ブログトップ

宇宙戦艦ヤマト前史

yamato2199.exblog.jp

宇宙戦艦ヤマト登場前の地球防衛軍の苦闘を描きます。

83. 使命の神託ー(2)

それから地球時間で三日がたった。 

ディッツ提督の計らいで収容所惑星「レプタポーダ」にある大型船用ドックとその設備を使う事が許された
「ヤマト」は急ピッチで「七色星団会戦」で受けた損傷を修理していた。
e0266858_17384871.jpg

真ガミラス同盟の方も収容されていた囚人達を本来、犯罪者として収監されていた者を開放しない様、慎重に
事情聴取とガミラス本国にあるデータ・ベースをハッキングして照合を行っていた。
e0266858_10185128.jpg

また、政治犯や他惑星の捕虜にも真ガミラス同盟への参加を説得する等、煩雑な作業が残っていたので
ディッツ提督達もまだ惑星「レプタポーダ」を出発出来ずにいた。
e0266858_72012.jpg

その作業はドメル夫人やディッツ提督自身まで係わらなければ成らない程、忙しかった。

幸いな事にこの収容所の所員に次々と協力者が現れたので、同志はネズミ算式に増え、ディッツ達、
上級幹部も一息つける様になった。
e0266858_1752397.jpg

 しばらくぶりにディッツ提督は建物の外に目を遣った。

そこにはドック入りしている「ヤマト」の姿があった。

だが、何かが違う、ディッツはもう一度良く目を凝らして「ヤマト」の姿を見つめた。

<そんな、馬鹿な・・・。 こんな短時間であれだけの損傷を修理する事など・・・。>

ディッツの居る建物の窓から見える範囲ではあるが、「ヤマト」の損傷はおおむね修理されていた。
e0266858_17393327.jpg

「ドルメン、オルト・ドルメン大佐はおるか!」ディッツはスクリーンに部下を呼び出した。

「ドルメン大佐、『ヤマト』の修理に何名の人員を貸し出した?」ディッツはドルメン大佐を問い正した。

しかし、ドルメン大佐は「はっ?」と訝しげな顔をした。
e0266858_7393526.jpg

「いや、責めておるのではない、『ヤマト』の修理の進行状況に驚いておるのだ。」ディッツは少し狼狽していたと
自責の念に駆られた。

「はぁ、その件でしたら、『ヤマト』の掌帆長は『資材の使用許可だけくれれば良い、後は自分達でやる。』との事
でしたので人員の貸し出しは行っておりません。

資材は余程、特殊な物以外、自由に使って貰っています。」とドルメンはあっさり、とんでもない事を言った。

<それじゃあ、『ヤマト』は自力で他文明の機械を使いこなし、たった三日でここまで蘇ったと言うのか!
・・・信じられん!>ディッツの胸に見えない楔が打ち込まれた。

**********************************************

 翌日、「ヤマト」の相原義一・通信士は真ガミラス同盟からの要請を受信した。
e0266858_735919.jpg

”『ヤマト』の修理状況を見学したい。”旨の連絡だった。

沖田艦長は極力休ませたいと思った相原は丁度、艦橋に顔を出した真田副長に連絡の返事を願った。

真田副長は直ぐに真ガミラス同盟に連絡を取り、”内部の修理状況は軍事機密があるのでお見せ出来ませんが、ドックへの来訪と外部からの見学はご自由に、ここはあなた方の施設です。”と返事をした。


                                         84. 使命の神託ー(3) → この項、続く
[PR]
by YAMATOSS992 | 2013-09-04 21:00 | Comments(5)
Commented by モー太郎 at 2013-09-05 12:39 x
YAMATOSS992さん 実に楽しい、創作補完エピソードありがとうございます。
素晴らしい想像力です。
それでは、続き楽しみにしております。
Commented by チハ兄さん at 2013-09-06 14:46 x
またコメント投稿します。
画像にあった「藪さん」は何故残ったんでしょうか。
伊藤さんも現地の騒ぎに巻き込まれて、死んじゃったことですし。
艦に帰っても、機関科に復帰出来ずに暫くは営倉暮らしは確実です。
地球に帰ってから起訴されて死刑にはならないでしょうが、懲役をくらう可能性はあるでしょうね。
それよりも、此処で人生をリセットして新たな道を切り開こうと考えたんでしょうか?
彼のこれからの人生に幸あれと願う今日この頃です。
Commented by yamatoSS992 at 2013-09-06 20:52 x
 モー太郎さん、チハ兄さん、再度のご訪問有難う御座います。
現在出筆している「使命の神託」はかなり長い長編になりそうです。
最後までお付き合い戴ければ幸いです。

 さて、問題の「藪」機関士の運命ですが、残留した理由は不明で
あるものの、その後の活躍を既に小説にしている方がいます。
pixivの小説、「レプタポーダの凱歌ーヤマト2199 after story」です。

私は結構感動し、上の画像に映っている「藪」君の運命はこれだ!と
勝手に決めています。(なんと!ロマンス付き?です。)
宜しければ御一読をお薦めします。
Commented by モー太郎 at 2013-09-07 00:08 x
YAMATOSS992さん
コメント、そして情報ありがとうございました。
「レプタポーダの凱歌ーヤマト2199 after story」 読みました。
筆者temaさんは 他におもしろ創作サイドストーリーいっぱい書かれていますね。
女子会の話など 笑っちゃいました。
楽しい情報ありがとうございました。
Commented by yamatoSS992 at 2013-09-07 06:00 x
モー太郎さん私は筆者temaさんの他の作品については気が付いていませんでした。
私も拝読してみます、情報有難う御座いました。