ブログトップ

宇宙戦艦ヤマト前史

yamato2199.exblog.jp

宇宙戦艦ヤマト登場前の地球防衛軍の苦闘を描きます。

99. 使命の神託ー(18)

 「ヤマト」の「出航」が迫っていた。

『コスモ・リバース・システム』 の搭載が終わった証の様に 『波動砲口』 には蓋がされ、”封印”が貼られて
いた。
e0266858_734412.jpg

「ヤマト」 は帰りの旅を、『波動砲』 を封印したまま、 行おうとしているのだ。

<大丈夫なのか、本当に危険はもうないのか?>メルダには人事とは思えない理由があった。
e0266858_774627.jpg

何故なら、彼女もまた、父、ディッツ提督より、「大いなる力」 を託されていたからだ。

しかし、この 「力」 は今の彼女にとっては 「重荷」 以外の何物でもなかった。

それは 「ヤマト」 に 「連絡将校」 として乗艦する事をディッツ提督により、命じられた時、渡されたものだ。

メルダの任務は、表向きは ”テロンの文化・文明の学習” だった。

しかし、”密命” がもう一つあった。

その内容は ”ユリーシャの護衛” だった。
e0266858_7101841.jpg

そして、その内容は ”過激” だった。

”ユリーシャを守るためなら 『ヤマト』 も更に 『同胞』 であっても躊躇わず排除せよ!” と言うのだ。

ただ、その方法がメルダを驚かせた。

ディッツ提督は自分の軍服の前を空け、ペンダントを一つ、取り出してメルダの首にかけた。

妖しく金色に輝くそれは何か、禍々しさを漂わせていた。

「これは我が家に代々伝わる由緒ある ”家宝であり、最終兵器” だ。 その正体は 超小型反陽子爆弾 ・・・。

爆発すれば ”バレラス” ですら消滅する・・・。」
e0266858_724595.jpg

「お前が ”ユリーシャ” 様を 「お守り」 する為の 「力」 だ。 使い方は・・・。」 そこまで聞いたメルダは首から
そのペンダントを引きちぎると床に叩きつけた。

「私は御命令通り、『テロンの事』 を学習し、『ユリーシャ様を護衛』 します。その為には『同胞を殺す事も躊躇い
ません。

ですが、大恩ある 『ヤマト』 に害なす事など、しかも 『ユリーシャ』 様を道連れに 『自爆』 するなど、もっての他
です。

どんな危機に会っても、例え 敵の手に落ちたとしても 『ユリーシャ』 様の 『命』 は 『ユリーシャ』 様の物です! 

我等、『ガミロン』 如きが勝手にどうこうして良いものではありません!」 メルダは怒りに震えていた。
e0266858_733467.jpg

「そんな考え方から抜けられなかったからこそ、『デスラー』や『セレステラ』、『ギムレー』や『ゼーリック』と言う、
”奸物” 供の跳梁を許して来たのではないですか!」 今まで何事も惑わず、忠実に父に従って来たメルダ
だったが、「ヤマト」 の人々や 「EX-178」 の艦長、ヴァルス・ラング中佐 と そのクルー達、彼等との充実した
”触れ合い” が、彼女の内の ”何か” を変えていた。

ディッツ提督は床に落ちた ”家宝” を再び拾うとそれを握った拳をメルダに突き付けた。

「良く言った! それでこそ、我が娘だ。   しかし、まだ、”若い”、”若いな”。」

「どう言う意味です?」 メルダは率直に父に聞いた。
e0266858_151417.jpg

「私はお前に 『ユリーシャ様を道連れに自爆しろ!』 などと言うつもりは毛頭無い。」ディッツは愛娘の頬に手を
やった。

「お前は『ヤマト』 が、『波動砲』 という、『大量破壊兵器』 を搭載しているのは知っているな。」 ディッツは
メルダに確かめる様に聞いた。

<知っているも何も、『ヤマト』 の 『波動砲』 には、二度も助けられた。 忘れるはずもない・・・。>メルダは
短く応えた。

「はい、知っています。 提督。」

「わしが知る限り、『グリーゼ581』 での 『デスラーの罠』 からの脱出と、お前も経験した 『次元断層』 突破
作戦だ。」
e0266858_152860.jpg

<何故・・・父は次元断層突破の件を知っている・・・? 『ヤマト』 がバラしたのか? いや、そうだったらあの
『会談』 の時、私の事を 『知らぬフリ』 などしなかったはず・・・。>

「『ヤマト』 の捕虜になっていた話を誰から聞いたのか、不審に思っているな。

まぁ、なんだ、わしも ”提督” と呼ばれる ”古狸” だ、独自の情報網くらい持っておる。

<情報源は『UX-01』、フラーケンはシラを決め通したが、その部下達は一杯、飲ませれば全てを 吐いた。>

詳しい事は言えんが、少なくとも 『ヤマト』 の ”誰か” から仕入れた情報ではない。

彼等の事をお前は信じているのだろう・・・。」 メルダが思わず頷くと父は娘に”ペンダント”を再度、手渡した。

「そして、『ヤマト』 は ”ドメル” との決戦、”七色星団会戦” の時、あれだけの大損害を受けつつも 『波動砲』 は
使わなかった。 
e0266858_17133490.jpg

勿論、 ”ドメル” が 『波動砲』 を使わせない様、旨く作戦を組み立てた事もある、しかし、もし、 ”ドメル” が
『波動砲』 封じの作戦を採らなかったとしても 『ヤマト』 は 『波動砲』 を使わなかったろう・・・。
e0266858_17135016.jpg

理由は判るな?」 ディッツは娘に念を押した。

「良いか、メルダよ、『波動砲』 も、その 『超小型反陽子爆弾』 も ”罪深い” 大量破壊兵器 だ。

しかし、どちらも 単なる ”物” であって、そこに ”心” は無い。

その ”物が持つ力” を ”生かす” も ”殺すも” それを使う人の ”心” 次第だ。 

人は ”誤ち” を犯す、だから、そんな 「大量破壊兵器」 は ”危険” だとして排除してしまう事も出来る。

しかし、”力” を恐れて ”排除” すれば、その ”力” による ”恩恵” までも失ってしまう事になる。

今、与えた ”力” を 『いつ使うか』 、『どう使うか』 、『何の為に使うのか』 、それはお前が自分で考えなくては
ならないのだ。 

お前なら、必ずや、それを 『生かした』 使い方が出来ると信じている。」 ディッツは力強く言った。

「父上、私は 『バレラス』 を消滅させる程の 『力』 の使い方など、判りません・・・。」 メルダは途方に暮れた。
e0266858_16325223.jpg

「そうだろう、だが、今は、それでいいのだ。 『その力を・生かす・使い方』 が決まった時、使えば良い。

だが、それが決まらぬ内は、たとえ、自分が 『死』 に瀕しても決して使ってはならないぞ。」 ディッツは
今度こそ、メルダに退室を促した。


                                       100. 使命の神託ー(19) → この項、続く
[PR]
by YAMATOSS992 | 2013-10-06 21:00 | ヤマト2199 挿話 | Comments(0)