ブログトップ

宇宙戦艦ヤマト前史

yamato2199.exblog.jp

宇宙戦艦ヤマト登場前の地球防衛軍の苦闘を描きます。

128.「宇宙戦艦ヤマト2199」 世界における光速兵器について(2)

 ガトランティス(帝国?)の光速兵器は地球艦やガミラス艦と大きく違う特徴を持っている。
e0266858_7274891.jpg

それは回転式の砲塔を持つ事である、地球やガミラスの艦は旋回式の砲塔を持つが攻撃時、砲塔が
廻り続ける様な事はない。

しかも一つの回転式砲塔から発射されるビームは常に一条である。
e0266858_20553042.jpg

この為、”ビームを薙ぐ攻撃”はやり辛いと思われるが、IT制御されていると思われるので不可能ではないと考えられる。

但し、有効なビームは常に一条なので実体弾の単装機関砲に似た効果しか生まないと思われる。

これは大口径砲を持つ巡洋艦や大型戦艦でも変わらない。

この欠点を持つが故にガトランティス(帝国?)軍が小マゼラン雲外縁部でドメル将軍率いる第六空間機甲師団と
接触・戦闘になった時、迅速に火力を集中し、ビームの「撫で斬り」攻撃を効果的に用いるガミラス艦隊に大敗を
喫してしまった。
e0266858_7352626.jpg

この時の戦訓を受けて建造されたのが大型戦艦であろう。

しかし、火力と機動力のバランスを執ろうとした結果、艦体は巨大化し、軽快な運動性は望めなくなってしまったが、その
重装甲と相まってガミラスのゼルグート級に等しい戦力を持っていると考えられる。
e0266858_7504890.jpg

さらには艦橋基部に大型・2連双・一段、中型・三連装・三段の衝撃砲(ショック・カノンとは違う原理を持つ砲?)を備え、
火力を強化しているが、運動性が悪い艦ではいくら、強力な火力を持つ砲でも固定装備ではその価値が半減してしまうと
私は考える。
e0266858_22284058.jpg

 下がってしまった機動性を補うため、敵を少しでも遠くで(アウト・レンジ)して撃破、突破口を形成する目的なのかとも
思えるが、この衝撃砲と言えどエネルギー投射型の兵器なので光速兵器の大欠点、「目標との距離が離れる程、威力が
下がる。」と言う制約からは逃れられない。

本心を言えば私はこのガトランティス大型戦艦の衝撃砲の前面固定装備の意味を見いだせないでいる状態である。
(物語に登場する以上、何がしかの後設定を考える必要があるのだが・・・。)

だから、敵をアウト・レンジする為にはどうしてもガミラスの様に航空宇宙戦力の整備が必要になってくる様に思える。

だが、この問題については別の”戦術的アプローチ”があるのだ。

次回はこの『別の”戦術的アプローチ”』について考察する予定だ。
 


                        129.「宇宙戦艦ヤマト2199」 世界における光速兵器について(3)→この項、続く
[PR]
by YAMATOSS992 | 2014-03-11 21:00 | 考察 | Comments(5)
Commented by モー太郎 at 2014-03-12 07:27 x
YAMATOSS992さん いつも楽しく拝見させて頂いております。
恒例の考察シリーズですね。
本サイトに辿り着いたのも、もともとは考察シリーズを見つけてからでした。
ガトランティスの回転砲は、もともとはガトリング砲のイメージ、速射を想定した設定だったのでしょうが、
登場してみると、遅い・・・・・・・・・。
メカニックデザインの意図した通りの作画表現だったのか、疑問でした。
大型戦艦の艦橋部衝撃砲は、ヤマト2での描写は過激で、
艦艇を1撃で破壊する極端な物でしたよね。
Commented by YAMATOSS992 at 2014-03-12 13:10
モー太郎さん度々の御訪問、感謝しております。
>ガトランティスの回転砲は元々はガトリング砲のイメージ・・・。
元設定が「あのスタジオぬえ」の宮武氏ですからね~っ。
航空機ヲタクである氏が異文明の兵器としてガトリング式を選んだのは正解だったと思います。
ガミラス艦は無砲身・砲塔、対する地球艦は短?砲身砲塔と区別されていましたのでガト軍にも新機軸が
必要だったのでしょう。
速射砲としては発射速度が遅い回転式砲塔ですが、登場時には仰角が90度以上もある地球・ガミラス艦には
無い特徴を持っていました。
残念ながら2199ヤマトでは艦首側面の砲塔はリストラされ、この特徴を持つ表現は出来なくなってしまいまし
たが・・・。
発射速度が遅い表現なのは何か意図があるのか、作監が兵器に対して無理解だったせいでしょう。


                                  <下記へ続く>
Commented by YAMATOSS992 at 2014-03-12 13:26
大型戦艦の艦橋砲は丁度ショック・カノンと波動砲の中間位の威力かと思っていましたが、2199ヤマトの
波動砲は「星をも殺す兵器」となり大型戦艦の艦橋部衝撃砲は幾ら威力が波動砲の半分になったとしても
力が強過ぎます。(ショック・カノンの2倍位が丁度良い?)

また、後で気づいたのですが、この艦橋部衝撃砲、本当に完全固定式なのでしょうか?
もしかすると一段毎に旋回したりして、それならこの大威力砲も使い道が出来てきます。
(高く積み上げた艦橋は旧日本海軍の「扶桑」級の様で私はこの艦が大好きです。)
Commented by 古世人 at 2014-09-23 16:14 x
大型戦艦の艦橋砲(反射衛星砲とほぼ同口径?)は、やはり転移砲シリーズにするべきでは、と思います。そうすれば、低い機動力を補うロングレンジ兵器として扱えます。せっかく、ガトランティスはワープ(航法)技術に優れている(ワープ可能な艦載機、火炎直撃砲等々、通常艦もガミラス、イスカンダル、地球を大きく凌ぐロングワープが出来る?)のですから。
Commented by YAMATOSS992 at 2014-09-23 18:05
 この辺りは「星巡る箱舟」の制作スタッフの考え一つです。
私はスタッフが火炎直撃砲をどの様に扱うか注目しています。
あとガトランティスがワープ可能な艦載機を保有していると言ったのは私の勝手な推測です。
>通常艦もガミラス、イスカンダル、地球を大きく凌ぐロングワープが出来る・・・。
これはどうでしょう? もし、そうなら火炎直撃砲の存在意義が無くなると思うのですが?