ブログトップ

宇宙戦艦ヤマト前史

yamato2199.exblog.jp

宇宙戦艦ヤマト登場前の地球防衛軍の苦闘を描きます。

131.「宇宙戦艦ヤマト2199」 世界におけるガトランティス(帝国?)について(2)

 ヤマト2199に登場するガトランティス(帝国?)が「さらば宇宙戦艦ヤマト」や「ヤマト2」に登場する 「白色彗星帝国
(ガトランティス帝国)」と同じ物と考えて少しガトランティス(帝国?)について少し考察してみたい。

 「白色彗星帝国(ガトランティス帝国)」は「都市帝国」(下図)を核に周りに白色のガス体を纏って*彗星風に
偽装していた。
e0266858_21333579.jpg

(白色のガス → 高速中性子ガスって何?ヤマト・ワールドならではの”らしさ”を追求した用語。)

さらにこのガス体層は、約三万kmの厚さを持ち「都市帝国」の防御圏を形成している。

「彗星帝国」本体→「都市帝国」 直径十五km、全高十km
e0266858_10525886.jpg

e0266858_10532216.jpg

この周辺ガス体が中性子を発散させているので史上始めた観測された接近してくる『中性子星(クェーサー)』だと
思われた。

*彗星の『尾』は彗星が太陽に近づいた時、太陽風に煽られて氷の表面が溶けてなびき、太陽風の風下に出来る物で
彗星の進行方向の反対側に曳く『尾』ではない。

**************************************************

 「彗星帝国」がガミラスや地球と大きく違う点は母星を持たないという事である。

上記した彗星状に偽装した「都市帝国」で宇宙を旅し、行く手にある資源や食糧(?)を略奪して生計を立てる「略奪国家」であった。

それは地球の実史で13世紀に世界を席巻したモンゴル帝国や15世紀のティムール王朝を思わせる。
e0266858_2084473.jpg

彼等はモンゴル系の騎馬民族であり、当時最速の移動手段であった「馬」を巧みに操る事が出来た。そしてどちらも
アジアから欧州にまたがる大帝国を築いた。
e0266858_20512656.jpg

ただし、強力な移動手段を持つ点では似ているがガトランティス帝国はどちらかと言うとモンゴルやティムールより欧州の封建領主に似ている。

現在、中世の欧州は騎士道花盛りの華やかな時代だったと思われているかもしれないが封建領主の生活は流浪の民の様だった。

何故かと言うと土地の生産性が極端に低く、一ヶ所に留まり続けるとその土地の領民が干上がってしまうので適当な
頃合いを見計らって領内を移動して廻っていた様だ。

その拠点には城塞が存在したが、王(領主)はいつもそこにいる訳ではなかったのだ。
e0266858_20255263.jpg
 
e0266858_20482464.jpg


移動時はテント生活が主だった様である。(以下の画像は16世紀、馬上槍試合の見学風景の再現。)
e0266858_2171133.jpg

15世紀末に織られたタペストリーにも同様のテントが織り込まれている。
e0266858_218391.jpg

(この方が”王家のプライバシー”は守られるのでは・・・と思う。)

こうして中世の王族は家来を多数引き連れてウオリック城の様な固定された拠点の間をテント生活をしながら、周って
行った。(当然、落ち着いた場所では農民から徴税を行ったろう。)

中世の王族は前にも書いたが、領民が干上がらない様、領内を移動、巡って歩いていた。

しかし、「白色彗星帝国(ガトランティス帝国)」は領地(?)を持たず、宇宙を移動するだけなので侵略した星系が朽ちるまで資源を絞り取っても何の問題もなかった。
e0266858_2224562.jpg

しかし、これだけの大艦隊、どこに収容しているのであろうか?

「彗星帝国」本体、「都市帝国」は 直径十五km、全高十km の大きさしか無いのである。

「都市帝国」下部の空洞には入っても精々100隻位が限界であろう。

「都市帝国」の外は「高速中性子ガス(?)」の嵐である、とても艦隊を係留出来るとは思えない。

”ドラえもん の 「四次元ポケット」” 的 艦隊 収容設備 でもあったりして?



               132.「宇宙戦艦ヤマト2199」 世界におけるガトランティス(帝国?)について(3)→この項、続く
[PR]
by YAMATOSS992 | 2014-03-18 21:00 | 考察 | Comments(2)
Commented by 古世人 at 2014-07-03 22:05 x
お久しぶりです。かの名はアオスイショウではコメントの返信ありがとうございます。さて、リメイク版の対ガトランティス篇における白色彗星の設定はどう考えていますか?私は先生の言う大質量兵器としての顔を持つ艦隊基地と考えております。つまり、ガトランティス本国ではないということです。先生の意見を聞かせてください。お願いします。
Commented by YAMATOSS992 at 2014-07-04 16:46
 古世人さんいらっしゃい、ヤマト2199ガトランティス編ではこの一連の考察はガトランティスが74ヤマトの
延長線上にあると考えてのものです。

「星巡る箱舟」では多分、まだガトランティスは艦隊のみで彗星帝国は姿を現さないと考えています。

更に74ヤマトに登場する彗星帝国の大きさ、規模ではその保有する大艦隊のほんの一部しか収容
出来ません。

制作スタッフもその辺りを理解しているなら我々の意表をつく設定をぶつけて来てくれるでしょう。

期待しています。