人気ブログランキング |
ブログトップ

宇宙戦艦ヤマト前史

yamato2199.exblog.jp

宇宙戦艦ヤマト登場前の地球防衛軍の苦闘を描きます。

129.「宇宙戦艦ヤマト2199」 世界における光速兵器について(3)

 私は「光速兵器」は接近戦でのみ、効果を発揮する兵器で地球の海軍が大艦巨砲主義になって行ったのと同じ経過を
辿って航空宇宙戦力を充実させる必要が出て来た事を今まで述べて来た。(記事No.62~77)

しかし、前にも何度か触れたが、戦闘艦が『転移(ワープ、ゲシュタム・ジャンプ)』の能力を持つ場合、”別の戦術”が
考えられる。

(1)一撃離脱戦法 (ヒット・エンド・ラン)

これは敵艦に『転移(ワープ、ゲシュタム・ジャンプ)』で接近し、一撃を加えたら直ぐに再度、『転移』してその場を去るか、
『連続・転移』が出来なければ、全速でその場を去って安全圏に逃れ、再度、『転移』出来るまで機関が回復したら再び
攻撃を行うと言う”戦術”である。
e0266858_2041207.jpg

(この”戦術”については『宇宙戦艦ヤマト前史』本文で何度も使わせて貰ったので出来ればそちらも参照して頂きたい。)

旧・宇宙戦艦ヤマトでは『さらば宇宙戦艦ヤマト』で復活したデスラーがヤマト近傍へガトランティス駆逐艦を送り付け、
攻撃をさせた。

これがまさに『一撃離脱戦法(ヒット・エンド・ラン)』であった。

但し、本来、ガトランティス駆逐艦は『転移』の能力を持っていたはずであり、『瞬間物質移送機』を使う必要があるのか、
はなはだ疑問ではあったのだが、『精密照準』するには『瞬間物質移送機』が必要だったのでは?と私は解釈している。



(2)「転移」が可能な艦載機を使った超長距離航空宇宙戦力の運用

ヤマト2199第十話「大宇宙の墓場」でともに次元断層に落ち込んだヤマトとガミラス艦が協力する為にガミラス艦から使者が送られる。
e0266858_20422575.jpg

そしてその使者を迎えにコスモ・ゼロαー2が出撃する、その飛行(航行)中、死滅した遭難船の数々の脇を通り過ぎたが
その中の一隻がガトランティス(帝国?)のデスバテーターであった。

当時、映画館での鑑賞では通り過ぎる速度が早く、パンフに紹介が無ければ気が付きもしなかった。
e0266858_2042582.jpg

最近までこれは出渕監督の単なるファン・サービスと理解していたが、良々考えてみると次元断層に落ち込んだ船の大半は「転移」中の事故で次元断層に落ち込んだはずである。

と、すれば、ガトランティス(帝国?)のデスバテーターは短距離かもしれないが「転移・能力」がある事になる。

ヤマトを追跡して来たゲール艦隊は次元断層の裂け目が広がって旗艦「ゲルガメッシュ」以外、全ての艦が次元断層に
飲み込まれるという事故!もあったが、あれはヤマトが波動砲で無理矢理脱出口を穿った為に次元断層付近の空間に
歪みを生じ裂け目が一時的に広がったのが理由であった。

だから、あながち、波動エネルギーと次元断層の係わりは否定出来ないのだ。

だとすると、ガトランティス(帝国?)も波動機関を使っている事になるが、空間を歪ませて光速を越える方法は他にもある
のかもしれないのでデスバテーターが波動エンジンを使っているとは限らない。

もし、ガトランティス(帝国?)軍が攻撃用短距離「転移」を用いているとするとその用法は艦艇によるものだけでは無いと
考えられる。

また、艦艇による「一撃離脱攻撃」には高度の熟練した操艦技術が必要と考えられ、誰にでも出来るものでは無かった
ろう。

更に艦隊を組んで一度にこの攻撃を行うのは僚艦との物質重複爆発の危険を孕むので効果は高いが危険も大きい
「難しい技術」であった。

だから、ガミラス軍は敵の「光速兵器」をアウト・レンジする手段としてまず航宙母艦を主体とする航宙機動部隊を主力と
考えて来た。
e0266858_732813.jpg

そして次にガミラス軍は艦載機の「シャトル運用」案、「前線基地空母」案をへて「瞬間物質移送機」使用案と運用方法を
研究してきた。
e0266858_7333731.jpg

e0266858_734657.jpg

e0266858_735269.jpg

だが、やはり、敵光速兵器のアウト・レンジを確実に行うには艦載機にも「転移」機関が積んである事が必要であり、
「一撃離脱攻撃」で相手に確実に打撃(撃沈)するにはある程度大口径の砲、それも数を多く搭載している必要があり、
この為、光速兵器である三連装陽電子ビーム砲塔を四基も積んだデストリア級航宙重巡洋艦が建造された。
e0266858_6172734.jpg

艦隊戦でこの一撃離脱攻撃を行うのは僚艦との物質重複爆発の危険を避ける為、一隻づつ攻撃をしかける必要が
あり、あまり効率の良い攻撃方法とは言えなかった。

結局、航空宇宙戦力の強化としてクリピテラ級航宙駆逐艦とガイデロール級航宙戦艦などの艦載空間魚雷搭載艦が、
ガミラス艦隊の主力であり、戦闘の主戦力は航空宇宙戦力である事には変わらなかった。
e0266858_7442323.jpg

次回はガトランティス(帝国?)軍の航空宇宙戦力とガミラスとの運用の違いについて述べてみたい。


               130.「宇宙戦艦ヤマト2199」 世界におけるガトランティス(帝国?)について(1)→この項、続く
by YAMATOSS992 | 2014-03-13 21:00 | 考察